ロックが全焼!?――カレーを愛する山梨県民に衝撃が走った朝



「清里のROCK」と言えば、山梨県民ならほとんど誰でも知っているくらいの超有名店。
ちょうど去年の夏、相方さんと私はドライブがてら清里方面に行き、おなじみのカレーの名店・ロックに寄って大好きなベーコンカレーに舌鼓を打ちました。

――それから二日後の朝。
寝ぼけまなこでスマホからSNSを開くと、いきなり『清里の老舗レストラン「ロック」全焼』の文字が目に飛びこんできたではありませんか!

山梨県民にとって、本当にこのニュースはかなりの衝撃だったと思います。ちょうど恒例の清里フィールドバレエの開演時期に当たっていましたから、会場である萌木の村の辺り一帯は騒然となっていたことでしょうね。
この日からしばらくの間、SNSではロック再建を熱望する声が頻繁に流れてきていました。この地域の象徴とも言えるお店ですもんね。私も陰ながら、その日を心待ちに応援していました。

「ROCKは必ず再開します」――オーナーさんの言葉通りに

それから約8か月……
有志らによる募金活動なども行われ、ロックは無事今年4月に再建を果たしました!
ロック再建のニュースにホッと胸をなでおろした人はきっと大勢いただろうと思います。

――という訳で、行って参りました久々のロック!!

▲ 相変わらず(というか以前よりもっと?)すごい行列です。▲ エントランスには可愛らしいうさぎのプレートが飾られていました。

外で待つこと30分、料理が出て来るまで約20分という超人気ぶり!

この日は5月も半ばだというのに清里はまだまだ肌寒い気候で、周囲には桜や水仙、チューリップなどが咲いているような状況でした。自宅周辺は日差しもかなり暑かったため、薄着で来てしまった私は並んでいる時に寒くて震えてしまい、ちょっぴり後悔……。

まだまだチューリップが満開。ということは、こっちの気候はかなり寒いんですね~。天井の飾りやレンガの風合いがとってもお洒落です。
懐かしいメニューは健在で、何だか安心してしまいました。

やっと席についてホッとしたものの、店内は超満員でなかなかお料理が運ばれてきません(泣)ここのカレーを食べるのを楽しみにして朝食を抜いていたため、待っている間にもすっごくお腹がすいてきてしまって大変でした。

そんなこんなでようやくロックのカレーが目の前に!!うう嬉しい~~~~!!!

▲ こちらはロック名物「ベーコンカレー」(ハーフ 1290円/税込・ちなみに通常サイズは1510円です)

じっくり煮込まれたルーはコクがあってとってもまろやか。私はハーフを注文したけれど、これでもかなりのボリュームです。
ルーはそれほど辛みや塩分は強くないのですが、ベーコンの塩気が絶妙にマッチしていて美味しい!食べ進めていくうちにだんだん溶けていくレーズンバターがほどよく混ざり合って、これまた美味しいんです。
サラダがワンプレートになっていて時々口直しも出来るので、一皿食べ終わるまでに飽きることも全然ありません。

この部分は増設されたのかな?それとも新しいからそう見えるのか分からないけど、フロアはとても広かったです。
ROCKに併設された地ビールの蒸留釜。スタッフさんが何やら作業をしていました。

以前とまったく変わらない味に一安心!また必ず食べに来ますね

なぜか時々無性に食べたくなってしまうロックのカレー。
私がもうずっと小さい時からこの場所にはロックがあって、それが清里の一種のシンボルにさえなっていたように思います。
きっと多くの山梨県民が同じ思いを抱いていたことでしょうね。

それだけに、昨年夏の「ロック全焼」のニュースは私たちにとって大きな衝撃であり、あのカレーの味を懐かしむ人々の「一刻も早く再建を!」という声が今こうして現実のものとなったことに胸をなでおろしています。

店内には再建プロジェクトなるVTRも流されていて、このお店がそれだけ多くの人々に愛されてきたんだな、ということを改めて感じさせられました。私もまたきっと近いうちに、あの味を求めて再びロックを訪れてしまうんだろうな~(笑)
ともかく本当に本当に、再建おめでとうございます! 山梨県民として心からお祝い申し上げます。

食べログ グルメブログランキング
ランキング ↑↑ click ご協力お願いします♪

清里高原萌木の村 ROCKのホームページ

ブルーパブレストランロック
ブルーパブレストランロック
ジャンル:清里 地ビール カレー
アクセス:小海線清里駅 徒歩10分
住所:〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545(地図
周辺のお店のネット予約:
紅福酒家のコース一覧
旬の食道はる菜のコース一覧
魚民 韮崎駅前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 甲斐・韮崎・南アルプス×ビアレストラン
情報掲載日:2017年5月25日